RICKY WORLD TRAVEL

資金0円からの世界一周

旅人が教える世界一周の持ち物リスト35選!必需品~おすすめ便利グッズを厳選

Hi,りっきー(@rikiyokono0125)です!

 

日本一周や10万円世界一周(アジア旅で終了)を通して、世界一周の持ち物についてたくさん調べたり、旅人に聞いたりしたので、そのリストを共有します。

 

ちなみに世界一周(アジア旅で終了)の記事はこちらです。

www.rickyworldtravel.com

持ち物の選び方や荷物の詰め方などもまとめているので、

目次から気になる見出しに飛んでね!

 

 

世界一周に持っていく持ち物の選び方3つ

まずはここから確認!バックパックの容量から選ぶ

バックパックは宿に置いておく時以外、常に旅をお供する相棒になります。

今まで住んでいた家を持ち運ぶようになったイメージを持ってみてください。

バックパック選び=家選び

です!!

そこで、まずはバックパック選びがものすごく重要になってきます。

バックパック選びには2つのポイントがあります。

フィット感

これは本当に大事なポイント。

自分にフィットしたバックパックを選べなければ、腰が痛くなったり肩が痛くなったり、、、

フィット感は人それぞれなので、ネットで調べた上で実際に店頭で確認することをおすすめします。

サイズ

サイズは旅の期間や荷物の量で変わってきます。

サイズの目安は

20~39L→0ヶ月~3ヶ月

40~59L→3ヶ月~9ヶ月

60L~79L→9ヶ月~1年以上

と言われているようです。

僕の場合、寝袋やテントなどをバックパックに入れていたので65Lのサイズを選びました。

LCCを使う場合は、受託手荷物にこのサイズで大丈夫なのか。とかも考えないといけません!

僕的には、受託手荷物のサイズ内かを気にするよりも旅中ずっと一緒に過ごすのでバックパックのフィット感や後ほど紹介するポケットの数を優先的に考えるべきだと思います。

ポケットの数

ここも見逃してはいけないポイント。

特に物を多く持っていく予定の人は、バックパックのポケットに助けられると思います。

ポケットがあればあるほど、 しっかり整理ができるので、

あれ?全然見つけたいものが見つからない。。。一旦荷物を全部出すか。。。

なんてことも減るでしょう。

旅人はできるだけミニマリストでいよう!各持ち物の大きさ/重さを確認

旅人の言うミニマリストとは、持ち物を必要最低限に減らし旅をする人のことです。

ミニマリストでいるために、持ち物の大きさや重さは重要なポイントとなります。

奮発してでも軽い物を

旅グッズを揃える上で、軽いけど高い。。。重いけど安い。。。

なんてことがよくあります。実は僕も寝袋を買う時にこの状況を経験しました。

そこで重いけど安い方を選ぶと。。。

旅中結構後悔します。

この寝袋がものすごくバックパック内の幅をとってしまいました。

高くてもサイズが小さく軽ければどれだけ旅中のストレスが減っていたことか。

長期的に考えて、軽い・小さい物を高くても買い揃えるべきだったなー。

という教訓ができました。

合計重量から逆算

僕はやらなかったんですが、旅友達は、

大体の合計重量を決めておいて、

そこから必要なアイテムをリストアップしておいて、

それぞれのアイテムの重量を計算したようです。

大変ですが、そうすれば、購入時に迷う時間もなくなるし、

重くなりすぎない安心感もあるのでいいですね。

絶対に必要な物と必要ではないかもしれない便利グッズかを見極める

旅をするとなれば、どんなものを持っていけばいいの?

ってなると思います。

リストアップしてみると、共通して絶対必要になってくるアイテムって案外少ないんですよね。

旅の持ち物を選ぶ時は自分の中でマストアイテムと非マストアイテムをリストアップしてみましょう。

 

持ち物リスト

これさえあれば、何の心配もいらずに日本を飛び立てる

それでは、いよいよ

自分が持っていった&必要だと感じた

持ち物リスト35選大公開です。

バッグ類

・バックパック

・ウエストポーチ(ショルダーバック)

衣類

・冬用上着1着

・衣類長ズボン1着

・パーカー上下1着

ヒートテック1着

・半袖シャツ3着

・半袖パンツ2着

・パンツ3枚

・靴下3足

・靴1足

・サンダル1足

日用品類

・圧縮袋

・歯磨きセット

・速乾タオル

・虫除けスプレー

・薬(塗り薬含む)

・施錠鍵

・固形シャンプー

・石鹸

ガジェット類

・PC

スマホ

・カメラ

・変圧器

・イヤホン

・ポータブル充電器

貴重品類

・パスポート

・パスポートコピー

・証明写真

・保険の申請書

・クレジットカード×2

・国際キャッシュカード×2

・黄熱病の黄色い紙

・国際学生証 (学生のみ)

・運転免許証

 

これら以外のアイテムで必要なものがあっても、 

大抵は旅に出てからも買い足せます。

ちなみに、総重量は10kg程です。

無駄のない旅をしたい方は、このリストとともに旅に出ることをおすすめします。

世界一周のお供におすすめする商品リスト

上のリストにあるもので、僕が個人的におすすめする商品をリストアップしてみました。 

バッグ類

バックパック

こちらのバックパックは、フィット感が物凄く良くて、

通気性がいいです。暑い中バックパックを背負っている時の背中の汗は物凄く気になるので、その点で最高です。

また、PCを入れるスペースがあったり、サイドにボトルを入れることができたり。。

付属品で防水のシート(?)も付いてくるの一番このバックパックがおすすめです。

エストポーチ

 このタッグがあれば、旅中のスリは完全に安心できます。

僕は宿に貴重品を置いておくのが不安だったため、パスポート・携帯・カードなどの貴重品は全てウエストポーチにしまっていました。

 

ガジェット類

360°カメラ 

カメラあんまり本格的に分からないけど、スマホの写真じゃ物足りないかなー。。。

と考えている方は、これを持って行ったほうがいいです。

360度の写真を撮れるだけで無く、撮った360度の写真を好きな部分で切り抜き、

普通の写真に編集することもできます。

僕もカメラ写真でしたが、それっぽく(旅人っぽく)写真を撮ることができました。

ちなみに日本での写真ですが、こんな感じです。

https://www.instagram.com/p/BPls788gP6n/

本日も大晴天なり。#宮崎#延岡#延岡地獄#ヒッチハイク#0円日本一周#RICKYWORLDTRAVEL

 

 世界対応プラグ

 全世界対応プラグはマストアイテムです。

対応プラグごとに別売りされているものもありますが、かさばっちゃうので、

こちらをおすすめします。

 ポータブル充電器

これまた大事な相棒です。

ポータブル充電器があったおかげで、異国の地でも長時間やり過ごすことができました。

海外は案外ワイファイはあるんですが、コンセントが使えない。なんてことも多々あるので、こちらの充電器は確実に持って行ったほうがいいです。

日用品類

圧縮袋

 これも無くてはならない物の一つ。

衣類をそのままバックパックに入れるとかなりかさばるので、圧縮袋に助けられていました。これがあるだけで、バックの中の容量がかなりスッキリします。

速乾タオル

旅人界の中では、定番のタオル。

速乾タオルは個人的に拭きづらいとは感じていますが、

速乾性に優れていて、旅には無くてはならない存在です。 

固形シャンプー

シャンプーは案外宿にあったりするんですが、

割となかったりもするので一応持って行ったほうがいいかと。

ただ、液体タイプだとバッグの中が悲惨な状態になってしまうことが多々あるので、

絶対に固形にしましょう。 

施錠鍵 

宿にバックパックを置いていく際にガジェット類などの盗難が結構心配になるので、

施錠鍵も外せないです。

特に共同部屋になると、危険なので、

ベッドにカバンを縛り付けてロープと南京錠でぐるぐる巻きにしていました。

ちなみに、ウエストポーチとこの対策で一回も盗みにはあいませんでした。(運が良かっただけですが)

バックパックの際の荷物の詰め方

小分けにする

バックパックから荷物を取り出す際に起こる問題。そう。あれどこにやったっけ問題。

旅初心者だった僕はその辺を全く考えずに、旅に出たおけげでバックパックの中がパーリナイでした。

そこで皆様に吉報です。

荷物を用途別に小分けにすればこの大問題は解決します。

ガジェット類/衣類/日用品etc...

それぞれ、袋に印を入れるなりなんなりでグループ分けして整理した状態で詰め込みましょう。

全部丸める

ある程度の物は圧縮袋に入れると思います。

圧縮袋に入れてそのままの状態で詰めてしまうと、スペースを無駄遣いしてしまいます。

丸めることで、コンパクトになって収納幅が広がります。

軍隊式らしいです。

 

重さ/使用頻度で収納位置を決める

物の重さによって、詰め込みの配置を考えなければなりません。

なぜなら、背負った時のラクさがかなり変わってくるためです。

一般的に、最も重い物を背中に近い位置(背面中央)に持ってくるようにすべきと言われているためです。

その他にも位置によって配置すべきものが変わります。

上部:使用頻度が多い軽い物

中部:最も重いものや精密機械など

中下部:重いものや使用頻度の低い物

最下部:衝撃を吸収できそうな衣類など

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

日本一周やアジア旅を経験してきた知識をこの記事にぶち込みました!

参考になっていれば嬉しいです!

 

よかったら、僕のブログで好評の0円日本一周の記事もご覧ください!

 

www.rickyworldtravel.com

 

それでは!